佐竹製作所について

ごあいさつ

お客様にとってのNo.1パートナーを目指して
代表取締役社長
尾方 謙一

当社は昭和12年から、お客様のニーズにあった特殊ボルト・機械部品など多品種・小ロット・短納期で提供してまいりました。

金属部品を提供してきた当社が、これから激変する産業構造に対応できるよう、あらゆる挑戦を続け、成長・進化していくことで、さらにお客様のニーズにお応えすることを大切にしております。

「独自技術とサービスを提案する 次世代ソリューションカンパニー」

私たちは、これまで特殊な金属部品を提供してきた経験を生かし、市場の進化に合わせて、それぞれの事業を進化させることがお客様ニーズに対応することだと考えております。

リーマンショック以降、日本の産業構造が激変する中、非成長事業をやめ、金属部品のオーダーメイド事業を集約し、新たなサービスの拡充を実現。既存工場をスピードに特化させてFA市場を強化し、新事業を立ち上げる機能として事業開発部を設置しました。その事業開発部がFA市場の次(民生ロボット)を狙い、センサ事業部を創り、さらに既存事業部とのシナジーとして自社オリジナル金属部品を創り、次の市場に送り込む・・・というように常に前に進む会社です

現在では佐竹グループも3社となり、オンリーワン技術として世界初の触覚センサを提供するセンサ事業(タッチエンス(株))、特殊継手メーカーのJSK事業(三興工業(株))の自社開発のブランドも加わり、樹脂添加剤、ガスセンサなど他社ブランド製品の取扱いも拡大中で、お客様に提供できるラインアップも充実しました。

オーダーメイドの金属加工事業も、これまで以上にお客様のニーズに合わせ、新しい付加価値で提案できるよう進化を続けてまいります。

当社は若い経営層と若い従業員で、更にあらゆる挑戦を続けて、お客様のために成長・進化していきますのでご期待下さい。